研究開発・主要機器

研究開発・主要機器

当社では、以下の方針に沿って研究開発を進めております。

・徹底した品質管理による安心安全なものづくり

・最新の分析機器を取り入れた自社研究所における研究開発

・環境に配慮した循環型の製品づくり

こめ油業界初 近⾚外分光法(NIR)によるこめ油の製造⼯程管理を確⽴

~「迅速・簡易・⾮破壊」な同時分析で、効率的かつ環境に配慮した品質管理を実現~

油脂製造において、品質の良い製品を作るためには、原料や中間製品の分析による⼯程管理が⽋かせず、酸価、よう素価、曇り点など多種多様な分析が⽤いられております。⼀般的に普及している化学分析の場合は、対象項⽬ごとに検体を⽤意し、それぞれの分析法により有機溶剤等を⽤いて分析する必要があります。

築野⾷品⼯業は、重要な管理点となる酸価やよう素価、曇り点の他に、こめ油特有の成分であるγ-オリザノールやビタミンE群を⾼い精度で測定する近⾚外分光法(NIR)を開発。複数成分の同時分析を可能にし、分析作業を効率化いたしました。また、この分析⽅法は、廃棄物を⼤幅に削減できるため、環境に配慮したこめ油の製造が可能となります。

FT型 近赤外分析計MPA(Bruker製)