米ぬか由来原料(化粧品素材)Ri:braシリーズ

ライステロールエステル

ライステロールエステル

米糠由来の植物ステロールエステルで、こめ油に含まれる不ケン化物です。油への溶解性が高く、抱水性、伸展性、皮膚バリア性に優れ、お肌の回復機能改善に期待できます。

・HALAL認証取得

お見積もり・ご相談
お問い合わせ

●アンチエイジング効果

ヒト角化細胞においてUV照射によって生じる老化因子(PGE2・IL-1α)の増加をライステロールエステル(RSE)が抑制することが分かりました。また、その効果は他社品と比較して高い事が分かりました。
アンチエイジング

●ヒアルロン酸産生促進

ヒト線維芽細胞においてライステロールエステル処理によって、ヒアルロン酸合成酵素遺伝子
発現およびヒアルロン酸産生量が増加しました。
ヒアルロン酸産生

●コラーゲン産生促進

ヒト線維芽細胞においてライステロールエステル処理によって、Ⅲ型コラーゲン遺伝子発現およびⅢ型コラーゲン産生量が増加しました。
コラーゲン産生促進

●バリア回復機能

ヒト頬部において0.5%ライステロールエステル(RSE)あり/なしクリームを1日2回、連続使用し皮膚バリア機能を評価しました。肌から蒸発してしまう水分を評価するTEWLが使用前と比較して減少しました。また、角層水分量は使用前よりも有意に増加していました。
バリア機能
※試験対象は20代~30代の12名(計測機器Tewameter及びCorneometer使用)

●シワ改善

ヒト頬部において0.5%ライステロールエステル(RSE)あり/なしクリームを1日2回、連続使用し、画像解析によるシワスコアを評価しました。被験者のシワスコアは使用4週目で有意に減少し、シワが改善されていることが分かりました。
シワ改善
※試験対象は40代~50代の10名(計測機器VISIA evolution使用)

●赤みの改善

ヒト頬部において0.5%ライステロールエステル(RSE)あり/なしクリームを1日2回、連続使用し、画像解析により赤みスコアを評価しました。赤みスコアスコアは使用8週目で有意に減少し、顔の赤みが改善されていることが分かりました。
赤み改善
※試験対象は20代~50代の22名(計測機器VISIA evolution使用)

●商品情報

INCI名 Phytosteryl Oleate
Phytosteryl Rice Branate
中文名称 植物甾醇油酸酯
化粧品表示名称 オレイン酸フィトステリル
コメヌカ油脂肪酸フィトステリル
医薬部外品表示名称 オレイン酸フィトステリル
形状 薄黄色~黄色のペースト
溶解性 油溶性